マッチングアプリで会っても敬語が抜けない…敬語をやめるタイミングは?

「マッチングアプリでずっと敬語での会話が続いてしまって女性との距離が縮まらない・・・」
「タメ口で話す自然なやり方は?どれくらいのタイミングでタメ口にすればいいの?」

そんなふうにお悩みの方は多いでしょう。

女性と距離を縮めたくても、口調をいきなり変えるって難しいですよね。
僕自身そもそも会話が超苦手で、タメ口で女性と親密に話すなんてもってのほかです…

でも実は、「タメ口で話すことで距離が縮まる」「ずっと敬語だといい人止まりになる」
というのは大きな間違いです。

本記事では、敬語からタメ口に移行する際のポイントを述べつつ、
女性と親密になるために本当に重要な考え方をお伝えします。

記事を最後まで読んでいただくことで、タメ口が苦手な人でも
自信をもって女性と接することができるようになるはずです。

敬語をやめるタイミングは意識しすぎないのがベター

敬語をやめるタイミングは意識しすぎないのがベター

敬語からタメ口への移行は、仲を深めるために重要なファクターとなり得ます。
だからといって、深い関係になろうと焦って敬語を外そうとするのはおすすめしません。

確かに、女性があなたとタメ口で抵抗なく話せるようになれば
「この人とは気が合うかも」と女性に思わせることはできるかもしれません。

とはいえ、一般的には、仲良くなった結果としてタメ口で会話をするようになるのであり、
仲良くなるためにタメ口で話すというものではない
ですよね。

無理して砕けた話し方にしようとしても違和感が生じます。

会話を楽しもうという気持ちで相手の話に興味を持って会話ができれば、
敬語であろうと相手との距離は縮められます。

タメ口を意識するとしても、そのあとにすべきなのです。

打ち解けるまでに必要な時間は人それぞれ

敬語を外すタイミングは大事ではあるのですが、もっと誤解のないように言えば、
敬語を外すタイミングの「見極め」こそが大事です。

たとえマッチングアプリのような最初から出会いを目的とした場合であっても、
会って間もないのにタメ口で話すことに抵抗がある人もいるでしょう。

敬語で話したい女性に対して強引にタメ口での会話を提案しても、

「この人とは感覚が合わないかな・・・」
と価値観の違いを感じさせてしまいかねません。

要するに、敬語を外すベストなタイミングは相手によって変わってくるということです。

「ずっと敬語が続いていてなかなか会話が盛り上がらない」という場合、
それは敬語が足枷になっているのではありません。

これは断言できます。
距離が縮まらないのは、もっと根本的なところに問題があります。

もちろん、敬語をやめることで自分も相手も自然体で話せるのならタメ口にすべきです。
だからといって、逆に敬語が続いていたら仲が深まらないかというと、そんなことは絶対にないです。

女性が敬語をやめることに抵抗がなさそうと判断できれば
どんどん砕けた話し方にしてもいいですが、その見極めが大切です。

タメ口を強要されていると女性が感じてしまうような距離の詰め方は絶対にしてはいけません。

会うまでは、必ず敬語でやり取りし続ける

どんな相手であっても、会う前のメッセージの段階では敬語でやり取りするようにしましょう。

会ったこともない相手とテキストベースのやり取りで親近感を与えようとしても、
警戒心を持たれてしまうだけです。

マッチングアプリでは、まともな人だと思われることが会うための第一条件です。

既にマッチングはしている相手ですから、人として最低限のマナーを備えていることさえ伝われば
初回デートに応じてもらえる可能性は高いです。

ここで他の男に差をつけようなどとは考えずに、メッセージはただ初回デートにつなげることだけが目的である
と肝に銘じておきましょう。

マッチングアプリのメッセージが続かない男性が見直すべき4つのポイント

関連記事
マッチングアプリのメッセージ
マッチングアプリのメッセージが続かない男性が見直すべき4つのポイント

続きを見る

敬語をやめてタメ口に移行する方法

敬語をやめてタメ口に移行する方法

ここまで、無理して敬語をやめる必要はないということを述べました。
ただし女性が敬語で話していても、きっかけがあればタメ口で話したいと思っている可能性はあるのです。

それにもかかわらずずっと敬語で話し続けると、親密になるチャンスを逃してしまうことになります。
男性としては、女性がどのように考えているのか反応をうかがって確認する必要があるんですね。

やり方としては、以下の2つが考えられます。

敬語をやめてタメ口に移行する方法

① 会話に徐々にタメ口を織り交ぜる

② 「敬語やめましょう」と提案する

女性が敬語をやめたいと思っていた場合は、①の流れで自然とタメ口で会話できるようになる可能性が高いです。

①で女性の反応がわかりにくい場合は、②を検討します。

ただし何度も言うように、無理してタメ口で話そうとするのは逆に不快感を与える可能性もあります。
②を実行する場合は、慎重に言葉を選ぶようにしましょう。

会話に徐々にタメ口を織り交ぜる

まずは感動詞から敬語を取り除いていきます。例を挙げると、

「すごいですね!」  ⇒ 「え~、すごい!」

「それわかります!」 ⇒ 「めっちゃわかるわ~」

「本当ですか?」   ⇒ 「嘘ォ!?」

敬語とタメ口を織り交ぜるというと難易度が高いと感じる人がいるかもしれません。
しかし、上の例のように応答部分で砕けた表現をするだけでかなり印象が変わります。

これで相手の女性もタメ口っぽく話してくれるようになったらチャンスです。
どんどん口調を柔らかくして問題ありません。

タメ口で会話が盛り上がると、互いに気が合うという感覚になり
一気に距離を縮められる可能性が高まります。

「敬語やめましょう」と提案する

とはいえ、相手が頑なにちゃんとした敬語を使い、
なかなか敬語を外す流れにならないという場合もあります。

そういうときは、「敬語やめませんか?」「タメ口でいきましょう!」
と素直に提案するのもアリです。
時期としては、相手が少なからず好意を持ってくれている
2回目のデート中~デート後くらいでいいでしょう。

会話自体が盛り上がっているなら2回目のデート中、まだよそよそしさがあるなら
2回目のデート後のLINEで、という感じです。

あなたがうまく会話をリードする自信がなければ、
デート中に無理にタメ口を提案する必要はありません。

女性にとっても「敬語やめましょう」と言われて
すぐにタメ口で話すのは抵抗があります。

しかし、LINEで言ってもらえると状況は変わってきます。
ちょっと勇気を出してメッセージをフランクにするだけでいいわけですから、
心理的負担は小さくて済みますよね。

少し砕けた感じで話したいのか、敬語の方が話しやすいのかは人それぞれです。
タメ口で話さないと気持ち悪く感じる人もいる一方で、敬語が心地よいと思う人もいます。

敬語をやめたいけどタイミングがないということであれば、LINE上でさえタメ口でやり取りできてしまえば
次に会ったときタメ口で話すハードルは下がりますよね。

1つ注意点として、「敬語やめましょう」と提案する場合でも、
こちらからタメ口を織り交ぜて話しておくことは当然必要です。
それでも女性が堅い話し方のままというときには素直に提案してもよい、ということです。

もしタメ口を提案して難色を示されるようなら、強制はしてはいけません。

それが相手の価値観なので否定すべきではありませんし、
あなたがそれを許容できないならその人とは合わないと考えましょう。

そのような女性は、短期間で男性と距離を縮めようと思っているタイプではありませんから、
提案するとしても2回目のデート後のLINEくらいのタイミングで遅すぎることはないのです。

まとめ

以上の内容をまとめます。

  • 会うまでのメッセージでは必ず敬語でやり取りする。会ったことのない段階では誠実さが何よりも重要であり、メッセージで他の男性と差をつけようと思う必要はない。
  • 女性によっても、早く打ち解けてタメ口で話したい人もいれば、敬語で話すのがラクだと感じる人もいる。必ずしも早期に敬語で話す関係から抜け出そうとするのが得策ではない。相手によって臨機応変に対応を変えていくことが望ましい。
  • まずは感動詞からどんどん砕けた表現にしていく。相手も砕けた言葉遣いをするようになってくれば、さらにタメ口に近づけていく。逆に相手がガチガチの敬語のままだったら、お互いにタメ口で話すことを提案するのもアリ。時期的には2回目のデート時か、その後のLINEでのやり取りの中でもよい。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

敬語かタメ口かは気にしないでOK!とは言っても、結局のところ「会話が弾まない」というのが問題ですよね。
そもそも「会話力はあるけどマッチングアプリでの敬語orタメ語問題で悩んでいる」人なんていないといっていいでしょう。

実際のところ、このページにたどり着いた方というのは程度の差こそあれコミュニケーションに悩みを持っているはずです。
「異性と対面だと話せなくなる」という人もいれば「異性/同性や恋愛/非恋愛に関係なく会話が苦手」という人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが、動画や音声による会話術のセミナーです。

一般の書店に並んでいるコミュニケーションに関する書籍からネット上で出回っている怪しいPDFの高額商材など「文字」を媒体としたものは無数に存在しますが、実際にその知識や技術を自分のものにするのは至難の業です。

なぜなら、コミュニケーションは「座学」ではなく「実技」だからです。

理想を言えば、場数を踏んで、自分の会話を録音・撮影して誰かにレビューしてもらうのがコミュニケーション上達の近道ですが、なかなかそうした環境を用意できる人はいません。

そこで、もっとも手軽に先生から技術を学べるのが動画や音声というわけです。
もちろん動画であっても「座学」にすぎないのですが、文字媒体と比較すれば先生から生徒への伝わりやすさはまったく違ってきますよね。

「書籍は読む気になれない」「書籍を読んでみたけどダメだった」という人向けに、コンテンツを紹介します。

婚活成功法!10秒で心を掴む,魅惑のコミュニケーション心理学講座( セミナー録画教材)

本教材は3時間程度のセミナーの録画映像です。
実際の講師の話しぶりやセミナー参加者の様子がわかるので、セミナー内のワークに実際に参加したかのような経験が得られるでおすすめです。
こちらのページから講義の概要が確認できますので、まずはどんな内容かチェックしてみてください。

蔡東植のコミュニケーション(会話)改善メソッドコーチング

この教材はPDFと音声による、体系的でボリュームたっぷりのものになっています。
こちらのページで講師が追伸に記しているように、文字では自分の身にならないものでも音声教材であれば取り組めるのではないでしょうか。
非常に多くの人がこの講師の教材を手に取り、人生に大きな変化をもたらしています。まずは詳細を確認してみましょう。

教材でコミュニケーションの極意を学んで実践に活かしていくことで、会話がうまくなるごとに会話自体が楽しくなっていくはずです。
まずは自分が信頼できる”先生”を見つけることも重要ですね。

-デート
-,