デート中に沈黙したときの対処法【沈黙は悪いことではありません】

「デート中に会話が続かず、沈黙して重い雰囲気になってしまう」
「沈黙が怖くて、余計なことまで話してしまう」

そんなふうにお悩みの方。

実は、沈黙は必ずしも悪いことではありません。

僕は会話を続けようと思ってもまったく続かないので、それは諦めました。
トーク力以外で女性を惹きつけるためにはどうすればよいかを徹底的に考えました。

本記事では、沈黙したときの適切な考え方や振る舞い方についてお話しします。

記事を最後まで読んでいただくことで、沈黙を恐れずデートを楽しむことができるようになるはずです。

初デートでの会話のコツについては以下を記事を参照ください。

マッチングアプリの初デートで会話が続かない男性の特徴とその対処法

関連記事
メッセージを返さないことにした女性
マッチングアプリの初デートで会話が続かない男性の特徴とその対処法

続きを見る

デート中の沈黙は悪いことではない

デート中の沈黙は悪いことではない

デート中に沈黙が訪れることは、必ずしも悪いことではありません。
むしろずっと喋りっぱなしでは疲れてしまいますし、適度な沈黙は必要なはずです。

それでも「デート中に会話が途切れて沈黙してしまう」と悩む男性は非常に多いんですよね。

これは沈黙そのものが問題だと考えているということですが、それがそもそもの間違いです。
沈黙が訪れた際に、あなたがどうしたかが問題なのです。

まずは、デートにおける「沈黙」の意味について今一度考えてみましょう。

関係が進むと、沈黙の時間は長くなる

恋人どうしや夫婦になると一緒に過ごす時間は長くなりますから、常に会話をしているということはありません。

確かに、付き合う前、特に初デートでは会話が盛り上がることは間違いなく必要です。
ただし、「会話が盛り上がる」と「沈黙する」は反対の意味ではないことに注意してください。

「会話が盛り上がる」のは、会話を通じてお互いのことを知り、お互いが「この人、自分と合いそう!」と感じるから。
決して、話の中身が面白いから場が盛り上がるのではありません。

つまり、話していようが黙っていようが、相手と過ごす時間が心地よいことが重要なのです。

自分の話が面白くないから沈黙して重苦しい空気になっている、と勘違いしている男性がたくさんいます。

傾聴とリアクションができていれば会話はある程度続きますが、一方でどれだけ盛り上がっても沈黙の瞬間は必ず訪れます。
カフェでカップルが長時間ほとんど話さず過ごしているなんて、珍しい光景ではないですよね。
「沈黙が多いから、二人は関係がうまくいってないんだな」とは思わないはずです。

より深い関係になったときには、お互いが黙ったままの時間というのは相当長くなりますから、沈黙そのものが良くないものというわけではありません。

沈黙が気まずくないことは、長く付き合うために必要なこと

まだお互いのことをよく知らない二人であっても、沈黙は必ず訪れます。
そこで、二人が「沈黙」をどう捉えるかということが問題になってきます。

先ほどカップルの例を出しましたが、一方が沈黙を気まずく感じる場合、そのカップルは絶対に長続きしません。
いつも無理して会話を盛り上げようとして、次第に息苦しく感じてしまうからです。

つまり、その必ず訪れる沈黙が気まずいものなのか、心地のいいものなのかが大事だということです。

デート中に沈黙したときの対処法

デート中に沈黙したときの対処法

以上で、沈黙そのものは悪いものではなく、その沈黙をどう捉えるかがが問題であるという話をしました。
では、まだ親しくないデート相手の女性は、沈黙をどう捉えるのでしょうか。

それはあなたの振る舞いに大きく左右されます。

ここからは、男性がデート中の沈黙にどのように対処すればよいか考えていきましょう。

デート中の沈黙の対処法①:余裕のある振る舞いをする

沈黙が気まずくて必死で話題を探し、なんとか会話を繋げようとする・・・そんな男は想像しただけでみっともないですよね。
そう頭では理解していても、いざデートで沈黙が訪れると、「何か話さなきゃ」という思考にどうしてもなってしまいがちです。

でも、ここは絶対に焦ってはいけません。
ある程度会話が弾んだ後は、沈黙の時間も必要です。

効果的に沈黙を作ることで、以下のいずれかの効果が得られます。

沈黙の効果

(1) 沈黙していても居心地がよいと女性に思わせる

(2) 沈黙による焦りが女性をドキドキさせる

狙いとしては(1)の効果を期待しているのですが、親しくない人と二人の空間での沈黙が得意でない女性もいます。
そのような女性に対しても、余裕のある振る舞いができれば(2)の効果を狙えます。

では「効果的に」沈黙を作るとはどういうことか。

堂々と構えておく、ただそれだけです。

沈黙の中で堂々とした男性を前にしていると、沈黙が苦手な女性でも「あれ?これが普通の状態なのか」と次第に思うようになり、リラックスできるようになるのです。

そうなったらこっちのもの。
最初は沈黙にそわそわしていたはずの女性が、あなたの落ち着いた雰囲気によって居心地がよくなってくるんですね。

と、口で言うのは簡単なのですが、やっぱりなかなか簡単にできるものではありません。

まずは、次のことを意識してみてください。

沈黙時の注意点

  • 焦って話し出さない
  • つまらなさそうにしない
  • 機嫌が悪そうにしない

言葉を発さずに態度だけでそのような雰囲気を醸すものは難しいですが、だんだんと感覚がわかってくるはずです。

焦りは必ず相手に伝わりますから、沈黙で狼狽えることがないよう堂々と振る舞いましょう。

デート中の沈黙の対処法②:話し出すときは「沈黙の延長」を意識する

焦って話し始めるのはよくないのですが、ずっと黙ったままいるわけにもいきません。
なので再び話し始めるタイミングがあるわけですが、何か思い出したかのように喋り出してはいけません。

「あ、今この人必死で話題探してたな(笑)」と思われてしまうだけで、微塵も余裕が感じられないからです。

要は「結構な沈黙の時間がありましたけど、これ僕にとっては平常運転ですよ」感がほしいわけです。

女性目線で感覚的に言うと「沈黙してたところに男性が私の脳に話し掛けてきた」みたいな。
これが「沈黙の延長」です。

感覚的すぎてわかりづらいかもですが、こちらもまずは次のことを意識してみましょう。

  • ゆっくり話し始める
  • 声のトーンを抑えて話す

ちょっと具体例を出すと、

「あっ、〇〇さんって映画が趣味なんでしたっけ!?」

ではなく、

「あー…そういえば、映画、好きなんでしたっけ?僕、最近あれ見ましたよ。」

…ってまぁ文字だとよくわからないかもですが「沈黙の延長」を意識して後者の例を阿部寛さんのイメージで声に出して読んでみてください。

さいごに:結局、デート慣れしないと身につかない

今回は感覚的でわかりにくい内容だったかもしれません。

これは仕方のないことで「こういう雰囲気を出せ」というのを完全には言語化するのは難しいので・・・

恋愛に必勝法はありませんからね。

こうした記事の内容をインプットしただけではまったく意味がないので、デートの場数を踏んでインプットした内容を意識的にアウトプットしていくことが必要です。

-デート
-, ,