趣味がない男はつまらない?恋愛・結婚のために趣味を持つべき理由

「自分はこれといった趣味がないけど、女性から見たらつまらない人だと思われるのかな…?」
「趣味は持つべきとかいうけど、女性と趣味が合うなんてことほとんどないし意味ないんじゃないの?」

そんな疑問を持つ方に向けて、趣味は絶対に持った方がいいと考える僕の立場で考えをまとめました。

実は、恋活・婚活において趣味を持っているかどうかは非常に重要です。

本記事をお読みいただくと、趣味を持つことで、人としての魅力を高めることができるということがご理解いただけるでしょう。

趣味がないことで男性が受けるデメリットは大きい

趣味がないことのデメリット

趣味がないことのデメリットは以下の通り。

趣味がないことのデメリット

① 会話が膨らまない

② 言えない趣味があると思われる

③ 自己開示しない人だと思われる

④ 物足りない男性という印象を与える

潤に見ていきましょう。

趣味がないことのデメリット①:会話が膨らまない

女性から趣味を聞かれたときに、これといった趣味がないと、回答に窮しますよね。
これは容易に想像できることですし、それだけだったら、想定問答を用意しておけばなんとかなるかもしれません。

しかし、もう1つ大きな問題があります。

それは、自分が趣味を持っていないせいで相手の気持ちがわからず、女性の趣味の話を深堀りできないということです。

多趣味な人は好奇心が旺盛なので、自分がまったく知らない分野の話にも壁を作らず、すぐに興味を持ちます。
そして、自分の関心の赴くままに相手に質問をするだけで、自然と会話が盛り上がるのです。

しかし、そもそも趣味に没頭している人の気持ちがわからない人は、相手の話になかなか共感できません。

あなたが興味がなさそうにしていたら、女性は自分の話を続けるのを躊躇ってしまいますよね。

趣味がないことのデメリット②:言えない趣味があると思われる

「趣味はないです」とストレートに言うと、「じゃあ暇な時間は何してるのか」という疑問を持たざるを得ません。
人によっては「人に堂々と言えないような日々の過ごし方をしてるのかな」という考えに至ります。

趣味以外の雰囲気にもよりますが、暇さえあればギャンブルするような男性だとか、暇だからマッチングアプリで遊び相手を漁っている人だとか思われる可能性もあります。

女性にそのような疑いの目を持たせてしまう要因を作ってしまうのはもったいないですよね。

自分のことを堂々と話せる男性のほうが魅力的であることは間違いないですから、自分を表現する方法としても趣味というものは重要なのです。

趣味がないことのデメリット③:自己開示しない人だと思われる

「趣味はないです」と言ったときのもうひとつのパターンは、女性が「この人は自己開示をしない人なんだ」という印象を抱くことです。

自己開示の返報性という言葉もあるように、自己開示しない相手に対して自分のことを話そうとは思いません。

趣味でなくても、自分の生い立ちや過去の失敗に関する話も自己開示にはなります。
しかしそういった込み入った話をするのは親しくなってからすべきですから、やはりとっかかりとしての趣味は重要です。

趣味はお互いを理解し合うための入口として最適な話題ですし、自分らしさのアピールにもなりますよ。

趣味がないことのデメリット④:物足りない男性という印象を与える

聞き上手で女性と楽しく話ができるスキルがあれば、第一印象は良くなります。自
分が趣味について語れなくても、最初のうちはなんとでもなるでしょう。

しかし女性と距離を近づけるにつれ、女性は違和感を覚えます。
(この人、なんか魅力がないなぁ・・・)

これを言語化するのは難しいのですが、男としてどこか物足りないということです。

勤勉性や誠実性など、多くの女性が男性に求めるポイントというのは存在しますが、それらを持ち合わせていれば女性にモテるのかというとそうではないですよね。

女性が男性に惹かれるのは、意外な一面が垣間見えたときだったり、今までに会ったことが無いタイプの男の人だと感じた瞬間だったりします。
特別な関係を築くには、やはり何かしらの”決め手”が必要なのです

趣味がない男は、この「なんか魅力がない」男性になってしまいがちです。

逆に趣味がある男性は好奇心や行動力を持っているということ。
その趣味が女性にとって興味のあるものかどうかは関係ありません。

趣味に取り組むこと自体が価値観の形成につながり、普段の会話や振る舞いにその人の人生観が表れるのです。

「仕事が趣味」はアリかナシか

仕事が趣味はアリかナシか

中身のある「仕事人間」かどうかが問題

まず「仕事が趣味です」という男性がアリかナシかについて。

たとえどれだけ仕事にやりがいを持っていたとしても、雇われの会社員が「仕事が生きがいです」なんて言っていたら、僕は視野が狭い人なのかなと直感的には思ってしまいます。

人生がビジネス化している経営者や自営業者なら話は別です。

経営者は、自分の理念に共感する従業員の生活を背負っています。
自営業者は自分のやりたいことを生業としています。

こうした人たちは自分のビジョンが明確ですから、やりたくないこともやりますが、それはその先にある大きな目的を達成するためです。

でも会社員は、あくまで会社の駒でしかないわけです。

基本的にやりたくないことを自分で取捨選択できたり、やりたくないことの先に自分のビジョンがあったりはしませんよね。

会社員という働き方そのものを否定しているわけではありません。

では、あなたが会社員として本当にやりがいを持って仕事に取り組んでいるとして、もし今月いっぱいで解雇されるとしたらどう思うでしょうか。

誰しも驚くとは思います。

しかし、しっかり自分の成し遂げたいことや求められる役割を理解して、自己研鑽も怠らず仕事に取り組んできた人であれば、次に自分はどんな仕事がやりたいか、どんな仕事なら自分の力を発揮できるか、冷静に考えることができるでしょう。

一方、日々上司に言われたことをこなすばかりで、休日も返上してただただ仕事に時間を費やしているだけの人だったらどうでしょうか。

路頭に迷ってしまう可能性が高いですよね。

この後者が、「仕事が趣味になってしまっている人」です。
前者の人は、「仕事が趣味」なんて浅い発言はしません。

それは、自分が本当に大切にしているものは何か、つまり、仕事の先にある「仕事を通して得られる価値が何であるか」が自分の中で明確にある人だからです。

要するに、あなたの仕事がただの賃労働になっていない、もっと極端に言えば、無給でも今の仕事がやりたいと思えるなら「仕事が趣味」であっても問題ありません。

その思いを語れば、女性にとってあなたはも魅力的な男性に映るはずです。

しかし、そうは思えていないのであれば、思考停止の賃金労働者でしかないといえます。

僕は、大きな夢を持って日々を生きていないと人間としての価値がないとか、そんなことは一切思っていません。
必ずしも仕事がやりがいのあるものでなければならないとも思いません。

でも、自分が何を大切にしたいのか、自分に問いかけ続けることはすごく重要なことだと思っています。
それが自分の人生を自分で生きるということだからです。

実際のところなんとなく仕事を頑張っている人はこれといった趣味がなく、仕事を通じて人生の充実を感じている人は仕事以外にも何かに打ち込んでいる」場合がほとんどです。

仕事にもプライベートにも打ち込むことこそ、会社員としてのあるべき姿だと思います。

「仕事が趣味」であることの危険性

仕事以外に生きがいがない人は、大きなリスクを抱えていることを自覚しましょう。

強いストレスに対処する術がない

雇われの身で仕事をしていれば、いくらやりがいがあったとしても自分がやりたくない仕事は降ってきます。
その期間が長引けば、仕事に対するモチベーションは維持しづらくなります。

また、ひどく落ち込んでしまうような大きな失敗をしたり、理不尽に上司やお客さんから怒られたりすることもあるはずです。
そういうときに仕事以外にストレスのはけ口がなければ相当息苦しい思いをします。

自分は無能だとか、上司は何もわかっていないとか、自分でなかなかコントロールできないことは考えれば考えるほどストレスは積もる一方です。

そんなときに、没頭できる趣味があるかないかが精神の安定に大きく関わってきます。

趣味は、自分のペースで取り組み、自分さえ満足できればよく、他人の目を気にする必要はありません。
これに対して、仕事にはスキルと経験が求められ、他人から評価されて初めて価値が生まれるものです。

仕事が自己満足で終わってはいけませんよね。

誰の意見にも振り回されずに自分のペースで楽しく継続できていることがあると、つらいときや苦しいときにはとても大きな心の拠り所になってくれるのです。

定年後どうする問題

少し前に、老後の必要貯金額についての報道が過熱しましたが、老後の生き方こそが重要です。

資産は生き方の選択肢の幅を広げるために重要なものであって、充実した人生を無条件に提供してくれるものではありません。

ある日を境にいきなり「もう会社に来なくていいですよ」と言われ、何をして過ごせばいいかわからなくなる。
そんな人が増えているといいます。

ライフステージによって価値観や趣味嗜好は変化しますから、今から老後の趣味を見つけておけということではありません。

ただ、仕事そのものではないどこかに自分が価値を置いているものがあるはずです。
それが自分にとって何なのか日々考えるようにしておくべきでしょう。

自己理解を深めておけば、いきなり何もない砂漠に放り出されても、自分で進むべき方向を模索し、歩みを進めていくことができます。

趣味というのは、死ぬまでそれが趣味ということはなくても、自己理解の助けとなるものであることには違いありません。

特にマッチングアプリ恋活・婚活では、趣味が重要です。

特にマッチングアプリ恋活・婚活では、趣味が重要です。

マッチングアプリは、街コンや婚活パーティと比べると、プロフィールを詳細に記載し、会うときは必ず1対1でそれなりに長時間になります。
つまり、会うと決まった時点でお互いのことをよく知ろうとしているわけです。

コンパやナンパのように、その場の雰囲気や流れで急に女性が「なんかこの人いいかも」と思ってしまうなんてことはほぼあり得ません。

逆に言うと、マッチングアプリで女性と会う場合には、誰にも邪魔されずに自分をアピールする時間が十分にあるのです。

ということは、あなたの好きなことや大切にしていることを表現することであなたの人間性を素敵だと思ってもらえれば、女性との距離はグッと縮まります。

趣味について堂々と話せれば、自分を表現することは難しくなさそうですよね?

趣味それ自体はあなたのステータスを上がるわけでもなければ、女性との共通点をもたらすものでもありませんが、趣味を持つことで見える世界は確実に変わります。

さいごに

趣味は、焦って見つけるものではありません。

でも少しでも興味を持てるものが見つかれば、ちょっとでもいいのでそれについて調べる努力をしてみてください。

ただし、それに詳しくなろうとしてはいけません。

究めようとすると、楽しいと思う前に挫折してしまいます。

深く知ることそのものより、知ろうとする好奇心こそが、心の豊かさや気持ちの余裕といった、女性から魅力的に見える要素をもたらします。

趣味を通して日々を充実させ、人間性を高めていきましょう。

「そんなこと言っても趣味がないものはないんだよ!」という方におすすめの記事です。

【趣味がない男性の救世主】人間力UP&女性受け抜群のおすすめ趣味

関連記事
料理が趣味の男性
【趣味なし男の救世主】人間力が磨かれ女性受けも抜群のおすすめ趣味

続きを見る

-人間力
-,